イチョウ葉エキスの効能と効果

主として血行を良くする効果があり、
集中力と記憶力を高めると言われているイチョウ葉エキスについて
簡単にまとめています。


スポンサードリンク

一般的に40代以降から深刻化すると言われる
記憶力の低下に抗う
抗酸化作用の強いイチョウ葉エキスとは?

人は加齢とともに人体のあらゆる箇所において
老化が進行する。
記憶力の低下は主として
加齢による老いに起因すると言われているが、
老いは必ずしも加齢に起因すると言い切る事は出来ない。


老化とは加齢以外にも
ストレスや睡眠不足、
栄養バランスの乱れた食生活や過労など
劣悪な生活習慣に起因して進行する。


逆を言えば、高齢になっても
劣悪な生活習慣を正し、
老化の原因とも言える活性酸素に抗う生活を心掛けていさえすれば、
人体の老化を最小限に食い止め続ける事が
できるのではなかろうかと考察する。


イチョウ葉エキスにしか見られない
独特の成分ギンコライドとは?

そもそもイチョウとは
2億年以上も昔から地球上に存在し、
ありとあらゆる地球上の変化に対応しながら
今日まで生き残ってきた種のひとつであり、
かつ樹齢が千年以上にも及ぶ長寿木でもあり、
そのとてつもなく強い生命力は
具体的には30種類以上からなるフラボノイドと
他の種では見られない
イチョウ独特の成分でもある
ギンコライドによるものではないか?と言われている。


イチョウ葉エキスのフラボノイドの効能

地球上のあらゆる植物は自らの身を守る為に
ポリフェノールと呼ばれる物質を生成する。
フラボノイドとはそのポリフェノールの一種であり、
全世界で4000種類以上存在しており、
イチョウ葉エキスに含まれるフラボノイドは
その中でもケルセチンやルチンなど
30種類以上から構成されており、
主として全身の血管を広げて血行を促進し、
体内で増えすぎた活性酸素を除去する抗酸化作用がある。


イチョウ葉エキス独特の成分ギンコライドの効能

ギンコライドとはイチョウ葉エキス独特の成分であり、
テルペンラクトンと呼ばれる成分を構成する
主成分のひとつである。
テルペンラクトンには総じて血行を良くする効果があるが、
その中でもギンコライドには


血小板が不必要(※1)に固まる事を抑制し、
血栓が血管壁に出来る事を防ぎ、
アレルギーの原因にもなる
血管に発生する炎症を抑制する働きがある。


(※1)
傷口を止血する際には血小板が固まる作用は
とても重要な役割を果たすが、
不必要に体内で固まると血栓を作りだし、
血行不良などの原因となる。


血流改善作用

イチョウ葉エキスには
冷え症、肩こり、腰痛などの
血行不良に起因する様々な種類の病気や症状を
改善させ、体調を整える上に
脳の血行も良くするので脳梗塞などを予防し、
かつ、老化による記憶力や集中力の低下の抑止や、
改善させる効果も期待できる。


認知症の予防

認知症とは脳の障害により知的能力が低下する症状の総称である。
代表的なものに
『アルツハイマー型認知症』や『脳血管性認知症』などがある。


●アルツハイマー型認知症


アルツハイマー型認知症は
アミロイドβと呼ばれる異常な蛋白質が脳内に蓄積される事に
起因して発生するのではないかと言われている。(諸説あり)
イチョウ葉エキスには
このアミロイドβが蓄積される事を抑制する作用があり、
結果的にアルツハイマー型認知症を予防するという結論に
行き着くのではないかという仮説のもと
現在でも世界各地で、イチョウ葉エキスと
アルツハイマー型認知症に対する研究は進められている。


●脳血管性認知症


脳血管性認知症とはその名も通り、
脳梗塞や脳出血など脳内の血管障害に起因する認知症である。
イチョウ葉エキスの血流改善作用は
この脳梗塞や脳出血を抑え、結果的に脳血管性認知症を
予防する事に繋がるのではないかと言われている。


健康食品と医薬品の違いについて

日本の法律には『健康食品』などという定義は存在していない。
世界でも50ヶ国以上もの国々が医薬品であると
正式に認可しているほどのイチョウ葉エキスも
審査基準の厳しい日本では未だ医薬品として認可されておらず、
その為、成分などの基準も曖昧で
安価な粗悪品も一部出回っているのが現状である。
これは、同時に全てのイチョウ葉エキス製品に
上記で挙げたような効能が確約できない事を意味している。
故に、確かな効能を求めたいと言うのであれば
同じくより確かな品質のイチョウ葉エキス製品を
消費者の側で吟味しなければならない。
ちなみに、医療先進国であるドイツは
1968年には既に脳循環代謝改善薬として
正式に医薬品として認可されている。
ドイツだけでなく、
現在では50ヶ国以上もの国々が
欧州を中心として医薬品として認可されている一方で
米国や日本では未だ医薬品とは認められず、
イチョウ葉エキス製品は
専ら健康食品やサプリメントの名目で流通し取り扱われている。


関連サイト>>健康食で長生きラボ

スポンサードリンク


当サイトはリンクフリーです。
当サイトの内容を無断で複製・転載することはご遠慮願います。
copyright (c) azu2_ All right reserved.
inserted by FC2 system